• このエントリーをはてなブックマークに追加

品質が劣化しない印鑑を望むならチタン印鑑を

印鑑は、書類や荷物の受け取りや確認等、サインの代わりに家庭でも仕事の場でも幅広く使えます。認め印であれば強化プラスチックや木材などで、デザインも凝った物が文具店等で販売されています。ただし、長期間や半永久的に使うには、ちょっとした衝撃でも欠けたり、机から落下して破損したりすることもあり、耐久性の意味では心配になることもあるでしょう。 通帳を作ったり、預金に関しての届け出をする場合は、銀行印が使われることがあり、不正利用を防ぎ正当性を高めたい場合は、長期間使える素材の方がいいでしょう。また、実印は大切な契約書を締結するために使われる物で、市町村役場への登録が必要になります。いったん登録した印鑑を破損等のために作り直すのは、金銭的にも手続きをする上でも厳しいこともあるでしょう。長く使うのであれば、丈夫で高品質な素材のチタン印鑑が向いています。

チタンの特徴と他の印鑑の素材との比較

チタンは金属ではありますが、錆びることがありません。他の金属は丈夫で破損しにくくても、水気や、日本特有の梅雨や暑い時期の湿度の高さで錆びてしまうことがありますが、そのようなことがないので、非常に劣化しにくく長期間使うことができます。 金属アレルギーの方は、アレルギーの原因となる金属に直に触れると、皮膚が腫れたり、荒れて湿疹ができたりするリスクがあります。しかし、チタンは人体に埋め込んで治療に使えるほど安全な金属ですので、安心して使うことができます。直に触れる医療用具にも使われていますので、ほぼ心配ありません。木材や動物の角などは、繰り返し使うことで印字面がすり減ることもありますし、衝撃や落下だけでなく、夏の高温に弱く、亀裂が入って破損したり、汚れてしまったり、印鑑が変型してしまうリスクもあると言われています。 他の素材と比べて、破損や劣化の恐れ等の心配がほとんどありませんので、チタン印鑑は長期間使いたい方にも向いていると言えるでしょう。

品質の良いチタン印鑑を注文するために

チタンは、劣化しにくく丈夫なのは良いのですが、硬質な金属のため、加工や名前の彫刻が難しいことがあります。非常に熟練した印鑑を作る職人がいないと請け負うのが難しいので、近隣の店舗では取り扱いがないこともあるでしょう。その場合は、印鑑を扱う通販サイトからでも依頼することをおすすめします。 チタンの印鑑を発注する場合は、銀行と実印だけでなく、認め印も頼める所がほとんどです。書体も複数の中から好みの物を選べます。チタンの場合は、印鑑の名前を校正するのにやり取りすることもありますし、硬い材質のために字体を彫るのに1週間程度期間がかかることが予想されます。実印を登録したい場合には、日数に余裕を持って注文するようにしましょう。また、実印を登録する際には、自治体によって大きさに規定がある場合がありますので、予め市役所や町村役場に確認するといいでしょう。